Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

IDEAFUL -ad from the world-

I'm gathering and introducing great advertising from all over the world. 世界のおもしろアイデアを独自視点で厳選収集

ペルーのガン財団による、”囚人”を起用した画期的過ぎる募金アプローチ

  • Company: Peruvian Cancer Foundation
  • Agency: Mayo Draftfcb, Lima
  • Country: Peru

 

f:id:onaken:20130902090427p:plain

 

ペルーでは、ガンに苦しむ子供たちを救うための財団があります。

毎年子どもたちへの募金を募る、

「PONLE CORAZON」というキャンペーンがあるのですが、

ここ3年は目標額に達成できず、悩んでいました。

 

f:id:onaken:20130902090805p:plain

f:id:onaken:20130902090816p:plain

 

そこで白羽の矢が立ったのが、なんと

ペルーで一番危険と言われる囚人たちのいる

「CASTRO CASTRO PENITENCIARY」という刑務所でした。

 

凶悪な犯罪者として収監されている囚人たちにも、

きっと優しい心があるはず。

そんな彼らの深層心理をうまく募金活動に繋げられないか、

という奇想天外な発想から、

前代未聞のコミュニケーションが企画されました。

 

f:id:onaken:20130902091218p:plain

f:id:onaken:20130902091245p:plain

 

真剣に話に聞き入る囚人たち。

社会から隔離されてしまった彼らには、

なにか社会に対して恩返しをしたいという気持ちがあるはずで、

その善の心がこのプロジェクトにエネルギーを注いでくれるはず。

 

f:id:onaken:20130902091440p:plain

f:id:onaken:20130902091851p:plain

 

f:id:onaken:20130902091731p:plain

f:id:onaken:20130902091744p:plain

 

囚人たちには、一人につきひとつずつ、募金の缶が手渡され、

刑務所内で募金活動が始まりました。

 

「誰かが自分のことを信じてくれるなんて、考えたこともなかった。」

「私たちの強さを感じるよ。」

「刑務所から子供たちへハートを届けよう。」

 

次々と発せられるポジティブな言葉は、

今まで刑務所では決して聞こえてこなかった、

とても人間らしい言葉でした。

 

f:id:onaken:20130902092032p:plain

f:id:onaken:20130902092043p:plain

 

結果、52個の缶が募金で埋まり、

382個のハンドメイドなプレゼントが集まりました。

 

f:id:onaken:20130902092137p:plain

f:id:onaken:20130902092145p:plain

f:id:onaken:20130902092411p:plain

 

その様子は、ペルーの多くのメディアで放送され、

国中にその出来事が広まりました。

また、囚人たちの勇敢な活動に感化された多くの一般市民たちが

心を動かされ、財団への募金額は過去最高の数値を記録したようです。

 

f:id:onaken:20130902092452p:plain

f:id:onaken:20130902092500p:plain

 

「自分が社会の役に立てていると感じることができた。」

「私たちは、落ちぶれても”人間”なのだということを認識できた。」

 

募金が数多く集まったことも大変すばらしいことなのですが、

囚人という、ある種、社会的弱者とも呼ばれる人たちに手を差し伸べ、

更生するための機会を提供した当キャンペーンは、

大変社会的意義が大きいと感じました。

 

良いコミュニケーションは、

当事者(広告主)だけでなく、周りや社会にも

良い影響を与えられる、Win-Winな構造のものを言うのかもしれませんね。