Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

IDEAFUL -ad from the world-

I'm gathering and introducing great advertising from all over the world. 世界のおもしろアイデアを独自視点で厳選収集

フランスでも勃発!マクドナルドvsバーガーキングの熱きマーケティング合戦

France
  • Company: Burger King
  • Agency: Buzzman Paris
  • Country: France

 

2013年、フランスに再上陸したバーガーキング

しかし、そこには既にマクドナルドという圧倒的王者の存在が。

 

まだまだ店舗の数が限られている同チェーンは、

その劣勢を覆すべく、昨年2月に排水の陣で

なかなか面白いキャンペーンを展開しているようです。

 

f:id:onaken:20160308203328p:plain

 

その名も、

「WHOPPER MOVEOUT」(ワッパー引越)!

 

文字通り引越をお手伝いするキャンペーンなのですが、

バーガーキングのお店がある場所まで引越します!と宣言した人に、

無料で荷物を送ってあげるよというもの。

 

f:id:onaken:20160308203854p:plain

 

ハンバーガーのために、引越・・・!?

目を疑いそうなキャンペーンなのですが、

それを本気でやっちゃうところが、さすがはバーガーキングですよね。

 

前代未聞すぎるこのキャンペーンはFacebookで応募を受け付け、

見事、最も遠い距離を引っ越したユーザーが勝利を獲得し、

無料で引越を行えたのだとか。

きっと国内のメディアにも多数取り上げられ、話題を博したことでしょう。

 

 

さて、お次はマクドナルドです。

このバーガーキングの施策を受けて、マクドナルドが反撃に出ました。

 

  • Company: McDonald's
  • Agency: TBWA/Paris
  • Country: France

 

代理店はTBWA。 

フランス全土に多数のドライブスルーを抱えるマクドナルド。

一方、店舗数に引けを取るバーガーキング

マクドナルドは、競合と比べて地の利を生かした

利便性の高さを伝えるべく、あるユニークな屋外看板を立てたのでした。

 

f:id:onaken:20160308204558j:plain

f:id:onaken:20160308204700p:plain

 

それがこれです。

 

左側にある、とてもシンプルな看板がマクドナルド。

右側にある、縦に長く積まれた看板がバーガーキングです。

 

f:id:onaken:20160308204724p:plain

 

マクドナルドはまっすぐ5km行くだけ。

一方、バーガーキングは・・・とても複雑な標識になっており、

その道のりは258km。目的地がめちゃくちゃ遠いです。

 

f:id:onaken:20160308204844p:plain

 

不思議そうに看板を見つめるドライバー。

そうなりますよね。笑

 

もう意味は、お分かりですよね?

 

国内あらゆる場所に店舗を構えるマクドナルドと、

まだ店舗数が乏しく、不便なバーガーキング

それを揶揄する、いたずら心にあふれたOOHなのでした。

 

これで一段落・・・と思いきや。

実はこの応酬、まだ続きがあるんです。

 

バーガーキングが、マクドナルドのいたずら看板を受けて、

公開されたCMの抜粋がこちら。

 

f:id:onaken:20160308210448p:plain

 

看板を見て、近くのマクドナルドのドライブスルーに入ってきた一台の車。

 

f:id:onaken:20160308210559p:plain

f:id:onaken:20160308210606p:plain

 

車に乗車していた

カップルが頼んだのは、1杯のコーヒーだけ。

その理由がとても秀逸なんです。

 

f:id:onaken:20160308210703p:plain

 

「私たちは、長距離移動しないといけないんです。」

 

なんという皮肉でしょう。

ドライバーの男性は、遠方のバーガーキングに行くために、

近場のマクドナルドで眠気覚ましのコーヒーを買ったという訳ですね。

 

そして最後にはイヤらしいぐらいに

すかしたコピーがインサートされています。 

 

f:id:onaken:20160308210954p:plain

 

「ありがとう。マクドナルド。

(国中)どこにでもあってくれて。」

 

してやられたぁ・・・って気持ちになりますよね。

少なくとも僕がマクドナルドの担当者なら、

ハンカチをキィーって噛んでしまうぐらい

お見事なカウンターだと思います。

 

 

本場アメリカでのバーガーチェーン抗争はとっても有名ですが、

フランスでもこんな戦いが行われているとは。

 

プロレスじゃないですけど、

ファンはきっとこの戦いを微笑ましく見ていると思うんですよね。

もはや伝統芸というか・・・

 

比較広告に寛容ではない日本では、

この手のものを見るのがなかなか難しいのですが、

これぐらい茶目っ気のある広告があってもいいのになぁと。

 

引き続き、この2社の動向をウォッチしていこうと思います。