Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

IDEAFUL -ad from the world-

I'm gathering and introducing great advertising from all over the world. 世界のおもしろアイデアを独自視点で厳選収集

走った分だけ食べられる、プラマイゼロな”おいしいランニング”キャンペーン

France
  • Company: Kalengi
  • Agency: Rosapark
  • Country: France

 

分かっちゃいるけど始められない、続かない。 

それがランニングではないでしょうか。

 

シューズブランド「Kalengi」はパリで、

ランナーをモチベーションを高める、

”おいしいランニングキャンペーン”を行いました。

f:id:onaken:20160601203328j:plain

 

新作のシューズをプロモーションすべく、

上記のようなボックスをメディアの記者に配布。

(※これ、結構ポイントですね)

 

箱の裏には、なにやらレストランのメニューのようなものが書かれています。

 

f:id:onaken:20160601203747p:plain

f:id:onaken:20160601203825p:plain

 

こんな感じ。

 

走った分だけ、お好きなメニューを選べるようです。

例えば「いちごのデザート」を食べるには、

6.1kmも走らないとダメなようです。笑

 

f:id:onaken:20160601204114p:plain

 

アプリを使って走行距離は計測され、

5.24、パリの一角にある有名レストランに出向き、

アプリの画面を提示することを交換条件に、

食事が楽しめるという仕組みです。

 

"Don't live to run. Run to live." 

走るために生きるな。生きるために走ろう。

 

ランニングを、ただのストイックで

無機質な行為として考えるのではなく、喜びを感じられるものに変えたい。

そんなブランドメッセージを伝えてくれる、

とても楽しく、夢のあるキャンペーンだと思いました。

 

コンセプトビデオが非常によくできているので、

ぜひあわせてチェックしてみてください。

 

 

あぁ、ランニングしようかな・・・