IDEAFUL -ad from the world-

I'm gathering and introducing great advertising from all over the world. 世界のおもしろアイデアを独自視点で厳選収集

ハロウィンでもらった不要なキャンディーを人気商品と交換できる、米菓子メーカーによる夢のベンダーマシン

  • Company: REESE'S
  • Agency: Anomaly
  • Country: USA

 

「ハロウィンでもらえるお菓子は微妙なことが多い」という問題に目をつけ、

ハロウィンの本場アメリカで絶大な人気を誇る

キャンディーブランド「REESE'S」が、

お菓子を自社の製品と交換してくれるベンダーマシンを開発しました。

 

f:id:onaken:20181102133805p:plain

 

不要なキャンディーをベンダーの中に投げ込むと…

 

f:id:onaken:20181102132524p:plain

 

同社のピーナッツ・バターカップがもらえるという

とてもシンプルな仕組みです。

 

f:id:onaken:20181102132602p:plain

 

ちなみに自社調査によると、

アメリカ人の約90%がハロウィンでもらうお菓子に対し

不満意識を持っていた様で、それがきっかけとなって

こちらの施策が行われたとのことです。

 

なお、このベンダーはニューヨークのワシントン・スクウェアパークに

設置され、およそ1万個ほど配布したとのことです。

 

ピーナッツ・バターカップをもらった人は、こんな表情。

 とっても嬉しそうです。

 

f:id:onaken:20181102133420p:plain

 

REESE'Sの担当者の元には

「うちの街にも、ベンダーマシンは来ないのか?」という

消費者からの問い合わせが殺到したとのこと。

 

シンプルなサンプリング企画ながら、

ハロウィンの文脈を捉え、しっかりインサイトを掴んだことで

ただのばら撒きキャンペーンよりも大きな成果が得られたのではないでしょうか?

 

 

カニエ・ウェストのスマホ暗証番号ダダ漏れ事件を受け、スウェーデンの通信会社が瞬速でパス発行サービスをオープン!

  • Company: Telenor
  • Agency: ACNE Advertising, Sweden
  • Country: Sweden

 

お騒がせアーティストのカニエ・ウェスト

ホワイトハウスを電撃訪問したニュースで世界を騒がせたが、

その際、カメラに映り込んだカニエのスマホ暗証番号がダダ漏れになり、

政治とは違う方面で話題になっているようです。

 

ちなみにその番号は111111。ありがちな連続した番号だったそうだ。

世界的セレブの暗証番号があまりにも簡単で無用心である、

という視点からスウェーデンの通信会社がなんともユニークなサービスを始めた。


その名も…

MAKE PASSCODES GREAT AGAIN

 

言わずと知れた、トランプ大統領のタグラインである

「MAKE AMERICA GREAT AGAIN」を文字ったものになっているのが

なんともユニークで面白い。

 

f:id:onaken:20181016181953j:plain

https://makepasscodesgreatagain.com

 

このサービスは至ってシンプルで、

6桁のパスコードを自動的に作ることができます。

どんなに面倒臭がり屋の人でも、これさえあれば

ちゃんとパスコードを用意できるというわけです。

 

f:id:onaken:20181016183618p:plain

 

(肝心の新パスワードを自分自身が忘れてしまうから、

せめて備忘録的にevernoteとかに接続されるようにしてくれたらいいのになぁ、

と思わず心の声が漏れてしまいましたが…)

 

何れにしても、こういう社会的事象をいち早く拾って

自社のブランディングやサービス告知につなげるのは

なかなか日本の企業が苦手としているところです。

 

時流に乗った、PR視点のプランニングのご参考になれば幸いです。

 

2018年カンヌを席巻!世界一のクリエーティブと評された「パラオ誓約」の凄さとは?

 

2018年のカンヌにおいて、

Titanium、Sustainable Development Goals(新設)、

そしてDirectと3部門でグランプリを獲得した、

「Palau Pledge(パラオ誓約)」は一体何が凄いのか?

その分析がてら記事を書いてみたいと思う。

 

言わずもがな、「Palau Pledege」とは、

世界で13番目に小さい観光大国パラオに入国する際、

次のようなスタンプを押してもらうというものだ。

f:id:onaken:20180624230716j:plain

 

なんと書いてあるのか分からない方もいるかと思うので、

日本語の誓約も貼っておきますね。

 

f:id:onaken:20180624231319j:plain

パラオの自然を汚さないことを誓い、

サインをさせることを促すものになっている。

もし違反が認められた場合は、

最大100万ドルの罰金の支払いを命じられる可能性がある。

 

f:id:onaken:20180624231652j:plain

 

f:id:onaken:20180624231717j:plain

 

誓約の他にも、同トーンのクリエイティブで

ポスターやスタンプなどが幅広く展開されたようです。

 

f:id:onaken:20180624231823j:plain

 

アメリカのケリー長官が署名している様子も発見できました。

世界レベルのインフルエンサーたちが、このプロジェクトに関わったようです。

 

施策の規模が大きく、シンプルでボールド。

まさにアワードにはぴったりな仕事だと感じるのですが、

ではカンヌのお偉いさんたちは、この作品をどう評価したのか。

彼らのコメントから、ポイントを探ってみようと思います。

 

"At the end of the day, we had one winner, an idea that really was the freshest and something we can scale and activate geographically around the world,"

 

「一日の最後に、優れた勝者とアイデアを見た。

それは、とてもフレッシュでいて、地球レベルでスケールできるものだ。」

 

Leo Burnett Worldwide Chairman and CEO

Mark Tutsell

 

"IIt changed minds of governments and made them do something sustainable. This felt like something we should be thinking about moving forward."

 

「このアイデアは政府の意識を変え、彼らに持続可能な行動を促した

これは私たちが前に進むためにすべきことを考えさせてくれる。」

 

" The Palau Project wasn't a charity campaign. Palau Project was a campaign that was business-driven as well as socially driven. "

 

「このパラオのプロジェクトが、単なるチャリティーではない。

社会ドリブンであり、ビジネスドリブンでもある。」

 

Wieden & Kennedy Global Co-Chief Creative Officer

Colleen Decourcy

 

 

このColleenさんの言葉がすべてのように思いました。

昨今はSocial Goodが叫ばれ、とはいえ

「ビジネスとして成立するものを」という

揺り戻しのような評価をする年もありました。

 

モラルなのか、ビジネスなのか。

アワードの場で永遠に課題であったこの問題に、

パラオ誓約はひとつの答えを世界に示したと思います。

 

局所的に優れたアイデアを実施し、

それを大きなものとして見せる”スキャム”とは一線を画しています。

政府を動かし、人々の行動を変えたこの仕事は、

私たちエージェンシーが目指すべき未来の行方を

少し教えてくれたような気がします。

 

遠い国の話であると、あきらめるのは簡単。

いかに自分の日々の仕事の中で、

社会や人々にとって意味のある仕事ができるか。

奇麗ごとではない本質的な仕事を求めて、

明日から頑張っていきたいと思います。

 

youtu.be

 

設置期間は、なんと12年!スウェーデンの木材保護塗料メーカーによる実証実験型広告

  • Company: Sioo:x
  • Agency: Stendahls
  • Country: Sweden

 

スウェーデンは、毎度広告の枠に収まらない

素敵なソリューション事例が多い国ですが、気になる情報が入ってきました。

 

クライアントの名は「Sioo:x」。地元の木材保護塗料ブランドのようです。

 

木材そのものの劣化を防ぎ、且つ印字した文字の色落ちをさせない

その確かな品質価値を伝えるために実証実験型の広告を設置しました。

 

その名も…

「This is the world's most boring billboard

(世界で最もつまらない屋外広告)

です。

 

f:id:onaken:20180602162525p:plain

 

木でできた至ってシンプルな看板ですが、

これの一体、何がどうつまらないのでしょう?

 

この看板が設置されたのは、

「マルメ」というスウェーデンの最南端に位置する、

雨量が多く湿度の高い街です。

 

f:id:onaken:20180602163023p:plain

 

ショッピングセンターの前に設置されたこのビルボードは、

なんと12年もの間、置かれたままにされるそうです。

 

f:id:onaken:20180602163330p:plain

f:id:onaken:20180602163311p:plain

 

しかも、このビルボードに使われている木材は、

CEOのベランダから持ってきたもののようです。

なんて身を呈した実証実験なのでしょうか。

 

f:id:onaken:20180602163531p:plain

f:id:onaken:20180602163546p:plain

 

「変わらない」ことを義務づけられたこの屋外看板は、

12年先もきっと同じ姿のまま存在し続けることでしょう。

 

f:id:onaken:20180602163709p:plain

 

「世界で最もつまらない屋外広告」は、

「つまらない」存在であり続けることが、

「最高」の商品PRにつながる実証実験型広告なのでした。

 

下手な広告をやるよりも信憑性に足る、素晴らしい取り組みだと思いました。

「どんなCMにする?」から考える、日本の広告業界でも、

課題解決をファーストに、このようなユニークな広告を実現していきたいものです。

 

www.youtube.com

 

無駄な長時間ミーティングに喝!DIESELが開発した、エクストリーム過ぎる会議室

  • Company: DIESEL
  • Agency: Publicis Italy
  • Country: Italy

 

無駄な長時間の会議は、世界中のビジネスマンたちの課題です。

 

アパレルブランドのDIESELは、そんな状態を解決すべく、

ひとつのアイコニックな会議室を新たに開発しました。

 

その名も…

「THE CAPSULEFor Successful Meetingsです。

 

f:id:onaken:20180528055913p:plain

 

統計によると、会議の約50%は意味が無いそうです。

(なんとなく肌感覚的にもそうですよね)

 

f:id:onaken:20180528060205p:plain

 

それを受けて、DIESELの研究員たちが立ち上がり、

エクストリームな会議室が 開発されました。

 

f:id:onaken:20180528060453p:plain

 

文字通りカプセル型になっているその会議室は、

僅か15分しか滞在を許してもらえません。

 

終了時間が近づくに連れて、テーブルの傾斜がきつくなったり…

 

f:id:onaken:20180528060626p:plain

 

強力なストームが吹き荒れて、紙も飛んでしまいますし、

もはや会議どころではありません。

 

f:id:onaken:20180528060721p:plain

 

部屋のライトも激しく明滅し始め、カプセルの中はこんな感じ。

とても会議を続けられるような状況ではありません。

 

f:id:onaken:20180528060825p:plain

 

目標の15分を過ぎるとこの有り様。

見事会議が終わった(?)という訳です。

 

f:id:onaken:20180528060856p:plain

 

「なぜDIESELがこのようなことをする必要が?」

と思われる方もいつかと思うので、彼らのタグラインもご紹介しておきます。

 

f:id:onaken:20180528061040p:plain

 

「FOR SUCCESSFUL LIVING」(成功に溢れた生活の為に)

だそうです。

 

今回の会議室のエグゼキューションは、

ファッションからはやや飛距離がありますが、

すべてはこのタグラインに基づいて考えられているはずです。

 

ちなみにこの会議室は、

実際にミラノの展示会などにも出品されたりするようです。

 

単発で終わってしまうのと勿体ないタイプの施策なので、

例えば日本なら「はたらき方改革」の流れに乗じてうまくPRするなど、

緻密なPR戦略と合わせ技で考えてみると良い気がしました。

 

「点の施策を面にする」という意識を持って、

このアイデアを参考にしてみるのはいかがでしょうか?

 

youtu.be

 

「”違い”は強さだ。」ダイバーシティの大切さを訴える、ALL BLACKSのレインボーブラックシャツ

  • Company: AIG
  • Agency: TBWA\HAKUHODO, Tokyo
  • Country: Japan

 

以前当ブログで、AIGオールブラックスを起用した

バイラルムービー「#TackleTheRisk」をご紹介させて頂きましたが、

それに続く、新キャンペーンを是非ご紹介したいと思います。

 

adfromtheworld.hatenablog.com

 

その名も…

#DiversityIsStrength(違いは強さだ。)

です。

 

f:id:onaken:20180509161426j:plain

 

オールブラックスといえば、真っ黒なシャツで有名なのですが、

こちらのシャツを引っ張ると虹色に見えるという仕掛けが施されています。

 

では、なぜこのようなシャツを作ったのでしょう?

コンセプトムービーを見ると、その答えが分かります。

 

百戦練磨のオールブラックスでも、立ち向かえないものがあると言います。

 

f:id:onaken:20180509162123j:plain

 

それは「差別」です。

 

見えない巨大な敵と戦うためには、

巨大なチームが必要であると選手は呼びかけます。

 

f:id:onaken:20180509162224j:plain

f:id:onaken:20180509162400j:plain

f:id:onaken:20180509162415j:plain

 

黒は、すべての色を混ぜ合わせたときに出来あがる色。

そしてダイバーシティの象徴であるレインボーは、

個性を多様な色で表現しているのが特徴です。

 

今回AIGは、そんな二つの要素を掛け合わせることで、

ダイバーシティの重要性を世の中に伝えられないか?と考え、

引っ張ると虹色に見えるシャツを開発したという訳です。

 

f:id:onaken:20180509161756j:plain

 

社会の空気を巧みに掴み、商品である

オールブラックスにしか言えない・できないこと

実現したこちらのキャンペーン。

 

やはり必然性が見えるキャンペーンは強いなと、改めて感じた次第です。

「どうして」「なぜ」を突き詰めることで、

世の中に響くキャンペーンを考えたいですね。

 

ちなみにシャツが当たるキャンペーンもやってるそうです。

(普通に欲しいです、これ…)

#DiversityIsStrength

f:id:onaken:20180509162731j:plain

 

w.youtube.com

割引きされた上にいい気分にもなれる、スーパー大手TESCOが始めた人にも海にも優しいエコバッグ

  • Company: TESCO
  • Agency: Grey
  • Country: Malaysia

 

本日ご紹介するのは、マレーシアのTESCOから。

(なにげにマレーシアの事例紹介は、これが初めてです)

 

その名も…

「Unforgettable Bag」(忘れることの無いバッグ)です。

f:id:onaken:20180502093244p:plain

 

世界では毎年、約1兆個のプラスチック袋が生産されているようです。

 

f:id:onaken:20180502093447p:plain

 

そして、そのほとんどが

わずか一度使用されただけで廃棄されてしまいます。

 

f:id:onaken:20180502093530p:plain

 

使い捨てられた袋は海に大量に浮遊し…

魚が喉に詰まらせたり、

亀がくらげと勘違いして飲み込んでしまったり、

クジラがプランクトンと一緒に吸い込んでしまうなど、

動物たちへのリスクが社会問題化していました。

 

そこで開発されたのが、この「Unforgettable Bag」です。

 

f:id:onaken:20180502093823p:plain

 

このエコバッグを使ってスーパーに買い物に行くと、

尾っぽについたバーコードを読み込むだけで、

ディスカウントされる仕組みになっています。

とっても合理的ですよね。

 

f:id:onaken:20180502093906p:plain

 

特にリスクを抱える代表的な海洋動物たちが

印刷されたエコバッグは、全3種類存在します。

 

f:id:onaken:20180502094007p:plain

 

エコバッグが使用されるたびに、

海の浮遊ゴミがなくなっていく仕組みのようです。

(詳しくは不明ですが…)

 

f:id:onaken:20180502094141p:plain

 

毎日使えば、海の平和が戻ってくる。

そんなエコフレンドリーな、エコバッグなのでした。 

 

f:id:onaken:20180502094252p:plain

 

正直なところを言うと、

この手のアイデアというのはよくあるのですが、

デザインが優れている点や、スーパー大手のTESCOが始めた、

という点が個人的には特筆すべき点だと感じています。

 

イデアをスモールなままで終わらせず、

育ててムーブメント化していくことこそ、

これからのクリエイターの腕の見せ所かもしれませんね。