Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

IDEAFUL -ad from the world-

I'm gathering and introducing great advertising from all over the world. 世界のおもしろアイデアを独自視点で厳選収集

合計9,400京通りもある、アブソルートのパッケージデザイン

Sweden
  • Company: Absolut 
  • Agency: Family  Business, Stockholm
  • Country: Sweden

 

「最大の広告は商品である。」というコトバを

聞いたことがありますが、 この事例はまさに

その典型とも言えるかもしれません。

 

スウェーデンのAbsolutは、

自社のウォッカで、なんと「9,400京通り」のパッケージをつくりました。

億、兆、京ですから、もうそれはとてもつもない数です。

仮に、地球上のすべての人に配っても

一人当たり130億本ももらえる、という計算になります。

 

f:id:onaken:20121129122059j:plain

f:id:onaken:20130608185043j:plain

 

クオリティがまたとにかく素晴らしいです。

スプレーで色づけされたようなカラフルなパッケージは、

お店でも目を引くことでしょう。

 

ちなみにそれだけの数のパッケージをどうやって開発したのか?

というのが一番気になるところですが、

ボトルの生産ラインそのものを見直し、

35色の塗料と51パターンの図形によって、

これだけの組み合わせをつくることに成功したようです。

 

f:id:onaken:20130608185000p:plain

f:id:onaken:20130608185012p:plain

f:id:onaken:20130608185029p:plain

 

この新しい生産ラインから、400万本を生産したようなのですが、

2012年の9月~12月の約3ヶ月で、すべて完売に。

世界80の市場で売れたようです。

また、世界的報道機関でもあるCNNに取り上げられるなど、

PR的効果も高かったようです。

 

「究極の限定版」を掲げ、気が狂うほどの

パッケージ数を実現させた、その努力に乾杯ですね。

なお、このクリエイティブを成し遂げたのは、

ストックホルムにあるFamily Businessのジョン・ラガークヴィスト氏。

「究極のExecutionはProductにある」と語ります。

「これがパッケージデザインの生きる道」、とも。

 

ブランドの永遠の課題である「Product as a hero」を実現した、

この素晴らしい仕事には、世界的広告賞である

ClioやOne Showからトロフィが授与されたようです。

 

結果に納得できる、アイデアの光る

素晴らしいプロダクトデザイン事例のご紹介でした。